FXの基本的な仕組み

FXとは、"foreign exchange "が語源で、現在は「外国為替証拠金取引」という意味です。

FXの基本的な仕組み

FXとは「外国為替証拠金取引」のこと

FXとは、foreign exchange が語源で、現在は「外国為替証拠金取引」という意味です。

 

ここでは、FXの基本的な仕組みについてわかりやすく解説します。

XMリアル取引口座を開設する

2国間の通貨を売買して利益を得る取引

FX取引では、2つの国の通貨を売買し、その差額を利益とすることを目的としています。価格変動により利益が出る可能性がある一方で、損失が出る可能性もあります。

 

FXでは、この2国間の通貨の組み合わせを「通貨ペア」と呼びます。具体的には、米ドルと日本円(USD/JPY)、米ドルとユーロ(EUR/USD)、ユーロと日本円(EUR/JPY)などがあります。

 

仕組みは、海外旅行先で外貨を両替するのと同じです。

FXの仕組み

FXの損益の仕組みは、私たちが海外旅行に行ったときの外貨両替を想像するとわかりやすいかもしれません。

 

日本人が海外に行くときは、日本円を渡航先の国の通貨に両替します。基本的には、日本円を売って、ドルやユーロなどの外貨を買うのである。

 

旅行が無事に終わり、渡航先で使用した外貨を使い切ったら、手持ちの外貨を売って日本円を買う。

 

FXも基本的にはこれと同じで、ある通貨を売って、別の通貨を買うことで利益を得ることを目指します。

 

世界の通貨の価値は常に変動しています。
世界中の通貨の価値は常に変動しています。そのため、1万円を米ドルに換えようと思っても、今日と明日で換えられる米ドルの額が同じになるわけではありません。

 

各国の通貨は、経済状況、貿易収支、金利政策、金融政策、市場のリスクオン/リスクオフなどにより、常に変動しているのです。

 

これらの通貨価値の変動タイミングを見ながら売買し、結果的に自分の手元に残るお金を増やすのがFXの仕組みです。

 

例えば、現在のレートが1ドル=110.0円で、今後値上がりする(円安になる)と予想した場合、「買い注文」を出します。これは、日本円をドルに換える注文です。

 

予想通り価格が上昇すれば、日本円に戻したときにその差額を得ることができます。

 

予想通りでなければ、損失が発生します。
もちろん、通貨の値動きが予想と違えば、損失が発生することは承知しておく必要があります。

 

先ほどの例のように、「1ドル=110.0円」のとき、今後価格が上昇すると予想して買い注文を出したが、予想に反して価格が下がった(円高になった)。

 

この場合、日本円に戻すと、その差額分の損失が発生します。

 

FXは利益を期待できる反面、損失が発生するリスクもあることを理解しておきましょう。

 

初心者向け|FXの5つの特徴

どちらかというと優良な投資先として知られるFXには、以下のような特徴があります。

 

1:平日は24時間いつでも取引可能です。

FXの取引時間

FXは、平日であれば24時間いつでも取引が可能です。

 

日本円や米ドルなどの通貨は世界中で使われており、国によっては24時間市場が開いているところもあります。

 

例えば、主要な取引所の営業時間は以下の通りです。

 

シドニー:午前7時~午後4時

 

東京:午前9時~午後6時

 

ロンドン:17:00~1:00

 

ニューヨーク:22:00~7:00

 

*季節により変動あり。

 

このように、どの国の市場も平日は24時間常に開いているので、FX会社のメンテナンス時間を除けば、ほぼ24時間取引可能なのです。

 

2:取引量(資金)を自分でコントロールできる

FXの資金

FXでは、1回に取引する通貨の量を自由に決めることができます。

 

FXにかけられる資金は投資家ごとに異なるため、自分に合った数量で取引することが重要です。

 

株式投資の場合、株価に応じて一定の投資資金を用意する必要があります。しかし、FXの場合、自分の経済力に応じて投資する金額(取引量)を決めることができるので、無理のない投資が可能です。

 

3:相場が下落しているときでも利益を狙うことができます。

FXの利益・損失の仕組み

FXは、「買い」だけでなく「売り」からも取引を開始できるため、相場が下落しているときでも利益を出すことができます。

 

一般的には、相場が上昇すると予想されるときに買い注文を出し、相場が下落すると予想されるときに売り注文を出せばよいのです。

 

例えば、1ドル=110円のときに、相場が下がると予測したら、新たに売り注文を出します。予測通りに相場が下がれば、下がった分だけ利益が出ます。しかし、予想に反して相場が上昇すれば、その分の損失が発生します。

 

株式投資の場合、相場が上昇しなければ利益を得ることはできませんが、信用取引であるFXの場合、相場が下落しているときでも利益を狙うことができるのです。上昇局面だけでなく、下降局面でも利益を狙えるのは、FXの大きな特徴です。

 

4:レバレッジをかけることで、自分の持っている力以上の力を発揮して取引することができます。

レバレッジの仕組み

レバレッジとは、少ない資金で大きな金額を運用できることを表す言葉です。

 

国内FX会社では、25倍のレバレッジをかけることができます。

 

例えば、1ドル=110円のときに1万通貨で取引しようとすると、1ドル=110万円、つまり日本円で110万円必要です。

 

しかし、レバレッジ25倍をかけることで、必要資金は110万円÷25=4万4千円となります。当然、110万円の資金がある人と同じだけの損益が発生することになります。

 

このように、レバレッジは収益効率を高めることができる反面、損失リスクも高めるということを頭に入れておきましょう。

 

5:短期と中長期の両方で利益を狙うことができます。

FXの取引スタイル

FXの投資スタイルは人によって様々です。数分~数時間の取引をする人もいれば、数週間~1年程度の取引しかしない人もいます。

 

短期売買で小刻みに利益を狙う、中長期で値上がり益やスワップポイント(通貨ペア間の金利差による利益)を狙うなど、自分に合ったスタイルで投資することができます。

 

仕事や家庭の事情によってFXに割ける時間は異なりますが、自分のライフスタイルや投資スタイルに合った方法で投資できるのがFXの魅力です。

 

どれくらいの利益が出るの?

FXの利益と損失

FXで発生する利益や損失の額は、通貨ペアや取引量に依存します。しかし、1回の取引で口座の資金が数倍になることはまずありません。

 

1万通貨を取引する際に必要な証拠金の計算は、「110円×1万通貨÷25=44,000円(レバレッジ25倍)」となります。

 

上の画像のように、1万通貨を取引する過程で1ドルの価値が110円から112円に上昇した場合、発生する利益は2万円となります。最低資金44,000円でスタートした場合、画像では口座の資金が64,000円になっています。

 

しかし、FXでは、現実的に米ドルが2円上昇するのに数日以上かかるのが普通です。また、最低額付近の証拠金しか入金していないと、相場が期待通りにならなかったときに、すぐに取引ができなくなり、口座の解約(ロスカット)を余儀なくされます。

 

そのため、短期間で大きな利益を狙うのではなく、コツコツと利益を狙っていくスタイルを意識していく必要があります。

XMリアル取引口座を開設する